概要

瓦礫選別、産廃選別、という言葉はあまり聞き慣れないものだと思います。
瓦礫選別とは産廃選別の一種で、産廃選別とは、産業廃棄物を収集して品目ごとに選別する作業のことをいいます。

瓦礫選別は、大規模なものだと、東日本大震災の被災地の瓦礫選別作業があります。
被災地の復興の完了にはまだまだ見通しも立っていないことは、ニュースでよく報じられている通りですが、その主な作業のひとつが地震や津波などで破壊された建築物などの瓦礫の撤去です。

瓦礫を収集する必要があることは想像に難くないですが、収集したら今度は大きさや種類ごとに分ける必要があるのです。
この瓦礫選別には二つの過程があり、それは粗選別と破砕選別です。
粗選別では、重機や手作業で瓦礫を選別していきます。人の手を入れるのは、リサイクルの効率を上げるためです。瓦礫は捨てられるのではなく、破砕選別において大きさを整えられ、路盤材などとして生まれ変わります。

このように、産廃選別はリサイクルのためにはとても重要な、必要不可欠な作業となります。産廃選別を行うことにより、ゴミの排出量はかなり抑えられているのです。
その作業内容や意義などを、このサイトでは特集していきます。

OUT LINK

混合廃棄物の処理を最適化するなら/有限会社林製作所

コメントは停止中です。

  • アーカイブ

  • カテゴリ

    • カテゴリーなし